Macで使っていないメモリを解放する方法 | Macで遊んでる

Date: 2017-12-14 08:45

Video «Purge MacOS»

他にも月ごとのデータ使用量を確認できたり、バッテリーの製造年月日や放充電回数などの健康状態やハードウェア情報の詳細まで分かる便利ソフトです。Magicanを使うことで、処理速度も元の速さに戻すこともできますし、Macのすべてを把握し最適化して使っていくことができます。

MacOS Sierraの「Macのストレージ - AAPL Ch.

フリーソフトMagicanを使えばMacの処理速度が元のように速くなります。Magicanを開くとすぐにスキャンボタンがあるため、ワンタッチでスキャンを開始し、どの程度の容量を空けることができるのか、教えてくれます。使用メモリの詳細を見ることもでき、CPU使用率やUP・DOWN速度なども簡単に見ることができます。

Macでメモリ解放を行う1番良い方法はアプリか再起動か「sudo purge」コマンドのどれ? | レビューログ

 AppleはSierraでディスクユーティリティのコンテンツ表示を廃止し、ここに「使用状況」と「空き」領域に加え、「パージ可能」という領域の項目を追加しましたが、一昨日、Appleはこのパージ可能領域についてサポートページを公開し、以下の様に説明しています。

もうメモリ解放アプリはいらない!ターミナルからメモリ解放する方法 | あなたのスイッチを押すブログ

Macの電源を切っている状態でもスピーカーの音量や画面解像度などの記憶内容を保持し続ける記憶装置のことをNVRAMと言います。NVRAMをリセットすることで、Macの処理速度が改善される場合があります。NVRAMのリセットの方法は次の通りです。

Hold down the Alt (Option) key when using the Go menu. The user Library folder is listed below the current user's home directory.

以上の操作で何をやっているかというと、メモリに残ったディスクキャッシュを強制的に削除しています。なので上記の画像では、青色の「File Cache」が減っているのがわかると思います。
詳しくは「sudo purge」と Googleで検索 すればいろんな記事が出てきますので、参考にどうぞ。

AppCleanerは、ただアプリを削除するだけではなく、アプリ以外の関連ファイルを自動でリストアップし表示されますので、一緒に関連ファイルも削除することができます。また、アプリだけでなくMacのウィジットやインストールしたプラグインなども削除することができます。AppCleanerを使うことで、簡単に不要なアプリや関連ファイルを削除し処理速度を改善することができます。

Mac をセーフモードで起動すると、起動ディスクのディレクトリが自動的にチェックされます。このとき、 ディスクユーティリティを使ってディスクを検証または修復 するときと似たような処理が行われます。ディレクトリが修復された場合、Mac は自動的に再起動します。

MacにはWindowsのようにデフラグはありません。条件や制限がありますが、Macではファイルが断片化されると自動的にファイルの置き換えをやってくれ処理が遅くなることを防いでくれます。ここでは、Windowsのデフラグのように、実施することにより、Macの処理能力を元の速さに戻してくれる作業を紹介します。

You may need to access content in the Library folder to troubleshoot problems with your Adobe applications. The user Library folder is hidden by default in Mac OS X and later releases. Use one of the following methods to make the user library content visible.

«Purge MacOS » in images. One more Image «Purge MacOS».